timthumb-1-1

国内FXはまたレバレッジ規制するそうで現行の25倍から10倍に変わるとの事。

こうなると FXの醍醐味であるレバレッジを効かせて少ない資金で多くの外貨を扱うという行為が出来なくなるため、FXトレーダーの減少か、もしくは 海外FXへの移行という選択肢しか残されなくなるのではと個人的に思うわけです。


ここまでレバレッジ規制がかかるとなると満足にトレードすることは出来なくなりそう。

国内FXをメインにされてきたトレーダーは今一度 海外FXのメリット・デメリットを再認識するべきかもしれない。

もちろん 海外FXの誤った知識の訂正も含めて。


以前の記事でも書いていますが  海外FXは危ないとかいい加減な情報のみで 海外業者を敬遠していたのであれば これを機会に 海外FXの知識を深めて レバレッジを効かせながら 安全にトレードすることをお勧めします。


海外FX業者のほとんどは国内であった追証がまずほとんど無く、相場の急変動で証拠金以上の損失が
出た場合でも預け入れていた金額以上の損失は皆無。ゼロカット・追証なしなのです。

またスプレッドも最近だと XMのゼロ口座やTitanFXのブレード口座など国内FX以上の極狭スプレッドもあったりと スキャルパーにとってもいいことばかり。


そして 当然の事ながら レバレッジは500~888倍、または1000倍の業者があったりと FXの一番の利点である わずかな資金で多くのお金を動かす、という ハイレバレッジなトレードを確実に行えるので  これを機会に 海外FXデビューをされてみてはいかがだろうか?

ちなみに管理人がメインで使ってる業者は2つ。XMとTitanFXなんですが。

どちらもメリットがあり 気に入ったほうで始めればいいかと思う。

以前の記事を参考に判断されてみてはどうだろう。



ここから以前の記事が見れます。


併せて読んでほしい記事はこちら


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK